MENU

校長挨拶

昭和高校 ここはよりどころ

いつまでも 愛・敬・信が わが支え

 昭和16年4月、愛知県昭和中学校として開校以来、令和3年で80年の歳月が経過しました。この間、生徒と教職員が、あいし、あいし、あいじ合いながら、教育活動が行われています。昭和高校の生徒は、教科の学習・学校行事・部活動など、高校生が一生懸命やるべきことに精力を注ぎ、人として生きる基本をはぐくんでいます。また、国際交流にも積極的に取り組んでおり、オーストラリアのアーンショー・ステート・カレッジとの交流、様々な国からの留学生の受入れも行っています。

 “昭和高校でよかった、楽しかった、頑張った…”卒業してからも様々な思い出が、人生の“よりどころ”となるような学校であればと考えています。

 

昭高生 いつも心に 自主・自律

 「北は八事山の松林、その他は一面の田畑、区画された校地は全面石ころと雑草」 

創立当初、このような環境で学んでいた昭高学徒、授業の合間に先生方とともに除草や石拾いなどの整地作業が行われていたそうです。

自らのために主体的に行動できる人、自らを律することができる人、そして他人や社会のために役立てる人、昭和高校は創立以来、人間教育・人格形成を第一義と考えています。

 特に、9月第2週に開催している学校祭は、生徒会と実行委員会の生徒が主体的に企画・運営を行います。3学年縦割りのブロックを編成し、3年生ブロック長のリーダーシップのもと、生徒一丸となって築き上げる行事となっています。

 

 まず一歩 踏み出す勇気 恐れずに

 東京パラリンピック開会式のコンセプト“WE HAVE WINGS”「片翼の小さな飛行機」を演じた中学2年の和合由衣さんは、先天的な障害があり、手足が自由に動かない少女、好奇心旺盛で「学校の先生や家族に頑張っている姿を見せたい。」という思いでキャストに応募したそうです。「できないこともあるけど“やってみればいいじゃん”と、いろいろなことに挑戦してきた。」とインタビューで答えています。

 昭和高校では、様々なことにチャレンジする機会があります。恐れずに一歩を踏み出し、志に向かってもう一歩、あきらめずに努力して笑顔の花を咲かせる。このような生徒の支援ができればと考えています。

 

愛知県立昭和高等学校 校長 川合 貴也
愛知県立昭和高等学校 校長 川合 貴也

学校紹介

PAGETOPPAGETOP